ガラスストローは割れないのか。

ガラスストローは割れないのか?

私たちに寄せられるもっとも多い質問の一つです。

ガラスストローは繰り返し使えて環境にいいでしょう。外観もよく、口当たりもいいでしょう。

「しかし、本当に割れないのですか?」

「床に落としたり、強く噛んだりしたときに割れないのでしょうか?」

ガラス製品であるがゆえ、「どんな使い方をしても絶対に割れない」ということは言えません。

グラス・器など、ガラス製品を扱う際に私たちが自然と持つ配慮(私たちはプラスチックやウッドの製品と比べるとガラスを慎重に扱います)をお持ちいただけると幸いです。

そのうえで私たちは下記の事実をお伝えします。

1、ホテル・レストランでの使用実績

HALMの母国であるドイツ・ハンブルグのEmpire Riverside Hotel では、2年前に導入した数百のガラスストローをいまも使い続けています。

破損率は0.5%以内。

これは、世界最大の業務用食洗機メーカー「MEIKO」がドイツ国内で統計を取ったガラス製品の破損率(10%/1年)よりはるかに優れたものです。

https://www.empire-riverside.de/en/

ホテル業界はお客様にお出しするという点で、家庭より高い信頼性を製品に求めます。

その業界で、リッツカールトンベルリン、フォーシーズンズパリなどの一流ホテルがHALMのガラスストローを採用していることが、製品の安全性を物語っています。

2、耐久試験結果

私たちは第三者試験機関に依頼し、HALMガラスストローの耐久試験を行いました。(試験は未使用の新品を検体に使用しています。)

・3点曲げ試験(両端を支え中心に力を加え破壊するまでの値)

 破壊時の荷重値(N) 500~630 (おおよそ50kg)

→ガラスストローを真ん中から折るには、50㎏の力が必要

日本人女性の平均体重が52.7㎏ですから、女性が全体重をかけた時の力と考えるとイメージしやすいでしょう。折ろうと思って力を加えない限りはなかなか壊れないと考えられます。

・荷過重試験(上から押さえつけて破壊するまでの値)    

 破壊時の荷重値(N) 780-1020 (おおよそ70kg)   

→ガラスストローを上から押さえつけて割るには、70㎏の力が必要

日本人の男性の平均体重が64.0kgと同じ程度の力が加わった状態とイメージできます。

また、人間の噛む力は、成人男性が全力で噛んで60kg前後、女性ですと40kg前後と言われています。

小学生世代の子供の咬合力は20kg前後です。試験で上から押すのと尖った歯で噛むのでは同じ条件ではありませんが、

子供達が誤って噛んでしまっても、ガラスが破砕することは考えづらい強度的な余裕があります。

以上二点、ホテルでの導入実績と耐久試験結果を、HALMガラスストローの丈夫さを示す情報としてお伝えしました。

冒頭にお伝えしたように、ガラスである以上、絶対に割れないということはありません。

しかし、日常使いで不安になるほど脆弱な製品ではなく、お子様がいるご家庭でも安心してお使いになれることはお伝えできたのではないでしょうか。

ぜひリラックスして、ガラスストローをご使用ください!